お電話でのおい問合わせもお気軽にどうぞ
TEL: 052-811-3872  FAX:052-811-3875

2016年8月

8月 30 2016

基準を創る

「当たり前」の基準は人それぞれ

 

過去の経験を大切な基準とするか

 

未来に向かっての基準に焦点を当てるか

 

あたらしい「当たり前」を考え・創る

 

個人も企業も「新しい当たり前」を

 

考え・創ることから発展は始まる

 
 
 
bird


8月 29 2016

憧れは成長

あの人のように素敵になりたい
 
人に好かれる素敵な人になりたい

 
 

雰囲気・知識の豊富・言葉が優しい

 
 

ステキにもいろいろありますね

 
 

私らしいステキを創りましょう

 
 

あこがれて努力する
 
これも成長です

 
 
suteki


8月 29 2016

厚生労働省より:社会保険適用拡大の特例措置

10月1日から、厚生年金保険や健康保険の加入対象が拡大され、従業員501人以上の企業で、週20時間以上働くなど一定の要件を満たすパートタイム労働者の方々も対象となります。
 
 

※適用拡大とは・・・現在は、週30時間以上働く方などが厚生年金保険・健康保険の加入の対象です。平成28年10月からは、従業員501人以上の企業で、週20時間以上働くなど一定の要件を満たす短時間労働者の方々にも対象が広がり、より多くの方がこれまでより厚い保障を受けることができます。

 
 
 

現在の公的年金制度では、老齢厚生年金を受給しながら、パートタイム労働者として働いている方が、10月1日以降に社会保険の被保険者となった場合、年金の一部または全部が支給停止となることがあります(在職支給停止)。
 
特に、特別支給の老齢厚生年金を受給している65歳未満の方のうち、長期加入者(厚生年金被保険者期間が44年以上の方)、または障害者(障害等級が1級から3級に該当する方)の特例措置対象者については、年金の定額部分が全額支給停止となります。
 
厚生労働省では、この定額部分の全額支給停止による激変を緩和するため、同じ事業所で引き続き働いている方が平成28年10月1日に被保険者になったときなど一定の要件を満たす場合に、定額部分の支給停止を行わないこととする経過措置を行う予定です。
 
なお、経過措置の具体的な内容については、決まり次第、厚生労働省のホームページなどでお知らせします。
また、事業主に必要な事務手続きについては、10月以降に日本年金機構から今回の適用拡大の対象となる事業所にお送りする文書でお知らせします。
 
 
【経過措置に関する詳細はこちら】

 

http://krs.bz/roumu/c?c=12763&m=31903&v=c6a1efd8

 


8月 26 2016

あなたのお陰です

あなたからのアドバイスがあったから

 

あなたからの励ましがあったから

 
 

あなたをお手本にしてきたから

 

あなたが仕事を教えてくれたから

 
 

あなたの公正な評価が

 

何よりの励ましになったから

 
 

あなたがいて私は嬉しい

 
 
nakama


8月 25 2016

平成28年度 都道府県別最低賃金

最低賃金が改定されます。

 

各都道府県の平成28年度地域別最低賃金額及び発効予定年月日は、以下のとおりです。

 

都道府県名 最低賃金時間額(円) 引上げ額(円) 発効予定年月日
北海道 786(764) 22 H28/10/1
青森 716(695) 21 H28/10/20
岩手 716(695) 21 H28/10/5
宮城 748(726) 22 H28/10/5
秋田 716(695) 21 H28/10/6
山形 717(696) 21 H28/10/6
福島 726(705) 21 H28/10/1
茨城 771(747) 24 H28/10/1
栃木 775(751) 24 H28/10/1
群馬 759(737) 22 H28/10/5
埼玉 845(820) 25 H28/10/1
千葉 842(817) 25 H28/10/1
東京 932(907) 25 H28/10/1
神奈川 930(905) 25 H28/10/1
新潟 753(731) 22 H28/10/1
富山 770(746) 24 H28/10/1
石川 757(735) 22 H28/10/1
福井 754(732) 22 H28/10/1
山梨 759(737) 22 H28/10/1
長野 770(746) 24 H28/10/1
岐阜  776(754)  22  H28/10/1
静岡  807(783)  24  H28/10/5
愛知  845(820)  25  H28/10/1
三重  795(771)  24  H28/10/1
滋賀  788(764)  24  H28/10/6
京都 831(807) 24 H28/10/2
大阪 883(858) 25 H28/10/1
兵庫 819(794) 25 H28/10/1
奈良 762(740) 22 H28/10/6
和歌山 753(731) 22 H28/10/1
鳥取 715(693) 22 H28/10/12
島根 718(696) 22 H28/10/1
岡山 757(735) 22 H28/10/1
広島 793(769) 24 H28/10/1
山口 753(731) 22 H28/10/1
徳島 716(695) 21 H28/10/1
香川 742(719) 23 H28/10/1
愛媛 717(696) 21 H28/10/1
高知 715(693) 22 H28/10/13
福岡 765(743) 22 H28/10/1
佐賀 715(694) 21 H28/10/2
長崎 715(694) 21 H28/10/6
熊本 715(694) 21 H28/10/1
大分 715(694) 21 H28/10/1
宮崎 714(693) 21 H28/10/1
鹿児島 715(694) 21 H28/10/1
沖縄 714(693) 21 H28/10/1

※(   )内の数字は平成27年度最低賃金です


8月 25 2016

9月からの厚生年金保険料の変更について

9月1日から厚生年金保険料率が変わります。

 

平成28年8月分まで(17.828%)
平成28年9月分から(18.182%)

 

厚生年金保険料は以下の通りです。

 

 
被保険者負担分
等級 月額 報酬月額 厚生年金保険料
円以上 円未満 9.091%
1 58~98 101,000 8,909
2 104 101,000 107,000 9,455
3 110 107,000 114,000 10,000
4 118 114,000 122,000 10,727
5 126 122,000 130,000 11,455
6 134 130,000 138,000 12,182
7 142 138,000 146,000 12,909
8 150 146,000 155,000 13,636
9 160 155,000 165,000 14,546
10 170 165,000 175,000 15,455
11 180 175,000 185,000 16,364
12 190 185,000 195,000 17,273
13 200 195,000 210,000 18,182
14 220 210,000 230,000 20,000
15 240 230,000 250,000 21,818
16 260 250,000 270,000 23,637
17 280 270,000 290,000 25,455
18 300 290,000 310,000 27,273
19 320 310,000 330,000 29,091
20 340 330,000 350,000 30,909
21 360 350,000 370,000 32,728
22 380 370,000 395,000 34,546
23 410 395,000 425,000 37,273
24 440 425,000 455,000 40,000
25 470 455,000 485,000 42,728
26 500 485,000 515,000 45,455
27 530 515,000 545,000 48,182
28 560 545,000 575,000 50,910
29 590 575,000 605,000 53,637
30 620~ 605,000 56,364
 企業負担分 厚生年金保険料率:18.182%

 


8月 23 2016

役に立つ

お役に立っているか
 
お役に立っていないか

 
 

誰が決めるのでしょうか
 
「ありがとう。感謝です」の
 
言葉は「受け手・伝え手」にも嬉しい言葉でしょう

 
 

「ありがとうございます。助かってます」
 
役に立つ言葉をかけましょう

 
 
thankyou


8月 22 2016

説得と納得

 

説明したからわかっている

 

とは限りません

 
 

説明して説得をしたなら

 

相手が納得しているかの確認を

 

しておきましょう

 
 

説明を受けた

 

でも

 

納得はしていない

 

ここからトラブルはスタートでしょうか

 
 
 
futaba


8月 19 2016

負けるが勝ち

 

勝ち負けを争えば人間関係に

 

影を落とすこともあります

 

勝っても負けても

 

次への挑戦が始まれば

 

同じ土俵の上です

 
 

一歩下がって広く見れば

 

見えなかった影までも見ることができるでしょう

 
 

負けるが勝ちは

 

自分を大きくするサプリメントかもしれません

 
takarabako


8月 19 2016

熱中症予防のために

今年の夏も猛暑・酷暑の毎日です。お盆を過ぎて9月に入っても暑い日は続きます。熱中症にご注意ください。

 

暑さの感じ方は、人によって異なります
・その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気をつけましょう。
高齢者や子ども、障害者・障害児は、特に注意が必要です
・熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。
高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調整機能も低下しているので、注意が必要です。

 

・子どもは体温の調節能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。

・のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分補給しましょう。暑さを感じなくても室温や外気温を測定し、扇風機やエアコンを使って温度調整するよう心がけましょう。
節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください

・気温や湿度の高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

 

暑さを避ける

●室内では・・・ ●外出時には・・・
  • ・扇風機やエアコンで温度を調節
  • ・遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
  • ・室温をこまめに確認
  • ・WBGT値※も参考に
・日傘や帽子の着用

・日陰の利用、こまめな休憩

・天気の良い日は日中の外出をできるだけ控える

●からだの蓄熱を避けるために
  • ・通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  • ・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす
※WBGT値:気温、湿度、輻射(放射)熱から算出される暑さの指数

運動や作業の度合いに応じた基準値が定められています。

環境省のホームページ(熱中症予防情報サイト)に、観測地と予想値が掲載されています。

こまめに水分を補給する

室内でも、外出時でも、喉の渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口保水液※などを補給する。 ※水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの

 

 

熱中症の症状

○:めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
○:頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
◎:【重症】返事がおかしい、意識消失、痙攣、からだが熱い

熱中症が疑われる人を見かけたら

涼しい場所へ

エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

からだを冷やす

 衣服をゆるめ、体を冷やす(特に、首の周り、脇の下、足の付け根など)

水分補給

 水分・塩分、経口補水液などを補給する

 

◎自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!


次のページ »